焼きたてのおいしいパンをお届けします|フレッシュ製パン コンセプトリンク株式会社
 
パンの歴史
投かん1(気仙沼で圧倒的な人気のパン)
 
クリームサンドは、ある年齢以上の気仙沼人にとって、かかす事のできない食物と言えるものかもしれない。とても重要なのかもしれないが、無くなっても全然困らないものである。
昔はおそらくどこの町にもあったと思いますが、コッペパンの中に甘いピーナッツバターのクリームを詰めただけの素朴なパン。
小さなパン屋さんでコッペパンを焼いて、店先でパンを割ってクリームを挟んでくれたというような思い出を持っている人も、もしかして多いのじゃないでしょうか。
気仙沼では、それがいつのまにかこういう包装で売られていました。子供の頃(1970年前後)、パンと牛乳でお昼というと必ずこれがでてきました。味はコッペパンにピーナッツバタークリーム(の安いヤツ)を挟んだ味。甘くてそんなに美味しいとは思わないのだけど、たまになんとなく食べたくなる味です。ずっと長く売れ続けている、気仙沼食品界永遠の定番商品だと思います。
▲上に戻る
投かん2(気仙沼のパンといえば)
 
1970年代~1996年くらいまで、気仙沼のクリームサンドといえば、気仙パン(気仙沼製パン)が作り、市内全域の駄菓子屋、小さな食料品店、などに卸して販売していた。
高度成長の時代をむかえ、中規模のパン屋、大手のパン屋が気仙沼市にも入ってくると、市内を制覇していた気仙パンもアンパンやジャムパンなど多くの主力商品が撤退を余儀なくされた。 にもかかわらず、ただ一つクリームサンドだけは単一ブランドとしては、圧倒的に売れていました。
激烈なパン戦争?を勝ち残り、気仙沼ではクリームサンドを置いていない食料品店はないにひとしい。
しかし、1996年頃気仙パンは倒産。原因は断じてクリームサンドが売れなくなったからではない。 その後を引き継ぐように、すぐフレッシュ製パンがクリームサンドを作り始めました。気仙パンの工場を職人やパートのおばちゃんごと居抜きで借りてしまったのである。 やはり気仙沼では、何事も変わらずクリームサンドが売れ続け、気仙沼人はパンと言えば相変わらずクリームサンドを食べている。
▲上に戻る
投かん3(なぜクリームパンは売れるのか)
 
長年の疑問だった。小学校の給食で食べたコッペパンの味が懐かしいのかな。実際、気仙パンは長く小学校の給食用コッペパンを作っていた。
ピーナッツバターとクリームの配合が絶妙なのか、かなり甘くなめらかなところがいいのか。あるいは、食べると意外にミッシリしている、そのパンのお得な感じがいいのだろうか。
一番のポイントはこのパッケージにあるのではと、密かに思っている。なんというか牛がのんびりしているこの絵には安定感がある。
しかし、なぜピーナッツではなくて牛がここにいるのかが、大きな謎。
▲上に戻る
投かん4(気仙沼を去る)
 
フレッシュ製パンの経営者はそもそもは登米郡の人で、迫町の工場で作ったパンを、気仙沼に移動販売に来ていて、ある時気仙パンの工場を押さえることになった。ともかくその工場で作った、クリームサンドをはじめとする菓子パンを地元のスーパーなどに卸したり、直販でも変わらずパンを売っていた。
気仙パン倒産後もしばらくそのまま銀行の管理になっていて行き先の無かったその工場の土地だったが、銀行の不良債権一掃という流れに乗ったのだろうか、2001年その土地に買い手がついた。
本来ならば、その土地を使ってパンを作っていたフレッシュ製パンが買えばよかったのだろう。たびたびそういう話が銀行からはあったらしいが、折り合いがつかなかったようだ。そこで、フレッシュ製パンは立ち退きを迫られることになったのである。 気仙沼に陣地を構え、クリームサンドという主力商品を手に入れたのにも関わらず、フレッシュ製パンは撤退を余儀なくされ、こんどは桃生郡河北町の工場に移ることになったのであった。
クリームサンドだが、気仙パンの工場で働いていたおばちゃん達も是非にと誘われ、そちらまで通いながら作り続け、相変わらず気仙沼では何ごともなかったかのように、クリームサンドは売れている。
▲上に戻る
 

コンセプトリンク株式会社
フレッシュ製パン

〒986-0131
宮城県石巻市飯野字
大筒前東1番14-2

TEL:0225-62-0047
FAX:0225-62-0160